鳥取短期大学

教授 羽根田 真弓

1.教育に対する責任

私は、本学において音楽教育を担当している。保育士養成課程および教職課程における保育内容・方法に関する音楽関連科目を主担当し、保育者養成における音楽教育に力を注いでいる。また、(公財)日本レクリエーション協会が認定するレクリエーション・インストラクター資格養成課程の公認講師として必修科目を担当している。さらに、全学科専攻を対象とした教養科目では「芸術」を主担当し、音楽分野の視点から人間形成へとつなげる講義を行っている。

学校法人藤田学院ホームページ「教員紹介2021」

2.教育の理念

私は、本学の教育活動において、以下の3点を重視している。

1) 保育学生としての音楽理解および保育における音楽の役割が理解できる音楽教育
2) 音楽を通して学生の感性を育む音楽教育の実践
3) 保育力となる応用力および実践力の育成

3.教育の方法

上述の教育理念を達成するため、次の方法を用いている。
「音楽1」では、基礎的な読譜力の習得を到達目標としているが、学生の音楽学習経験が一律ではなく、加えてピアノ学習経験を持たない学生の割合も多いことから、基礎的な専門的知識をわかりやすく、同時に音楽の親しみを享受しながら音楽理解を深める授業を行っている。また、保育学生としての感性を育む音楽教育として、知識習得に偏ることなく、さまざまな音楽経験をしながら、「音楽」を楽しめるように教材選択および授業内容の工夫を行っている。
さらに、グループワークを効果的に導入している。このことは保育者としての表現力を追究するために、アンサンブルやミュージカル等の表現活動を行いながら学生が相互に学びあうことをねらいとしている。そして、グループ活動によって「保育者は表現者である」ことへの学生の意識を促進し、態度を育成したいと考えている。また、コンサート活動(うたのおにいさんおねえさんスマイルコンサート)を学内外で継続的に行い、学生の実践発表を重要視した教育方法を展開している。
根拠資料:【表現発表会】
根拠資料:【うたのおにいさんおねえさんスマイルコンサート】

鳥取短期大学ポータルサイト「シラバス検索」

4.学生による授業評価

2019年度の授業評価アンケートにおいては、ほぼおおよその質問項目で全体の平均値より高い評価を得ている。前期では、「総合的に授業に満足した」項目で、すべての担当科目で平均値を上回っている。特に「レクリエーション指導演習1」では11質問項目のうち2項目において4.0、2項目において3.9、4項目において3.8の平均値であった。後期は、すべての担当科目で平均値より高い評価であり、「総合的に授業に満足した」項目で、「特別研究Ⅱ」が3.8(演習科目全体の平均値3.5)、「音楽4」が3.9であった。また、「音楽4」では、4項目において4.0、5項目が3.9の平均値であった。
専門必修科目であり受講者数が多い科目においては、「特別研究」や他の選択科目と比較して学生評価の平均値がやや低くなる傾向が示されている。専門知識や技術の習得に関する科目における授業の配慮、工夫が必要であることが示唆されている。

5.教育改善への取り組み

学内で開催されるFD研修には毎回参加している。さらに、授業公開および見学にも積極的に参加し、本学教員としての資質の向上に努めている。
勤務年数に慢心することなく、毎回の授業を振り返り、学生の実態に即した授業内容および方法を検討しながら絶えず緊張感を持って教育改善に取り組んでいる。そして、学生を認める教育にこころがけながら保育者養成教員としての自覚および責任感を持って教育に携わっている。
また、学生の意欲、態度を引き出す授業となるように努力している。そのためには、学生と授業担当者との信頼関係が重要であると捉え、授業はもちろん授業外においても絶えず学生とのラポールを築くように取り組んでいる。
保育者養成課程における教育であり、保育者としての専門知識・技術に偏ることなく、保育学生としての意識、モティベーションを支える教育であるように学生と向き合っている。
さらに、平成30年度よりキャリア支援部長として、職業教育の向上および発展について検討しながら、大学としてのキャリア支援教育にも取り組んでいる。

6.今後の目標

1) 短期的な目標
  1. 授業担当科目「保育内容(表現)」の充実
    保育者としての表現力についての学生の理解を深め、学生の主体性をさらに引き出す授業を目指したい。
  2. 授業担当科目「音楽1」の学生理解度の向上
    保育学生として音楽を学ぶ学生の理解を深め、保育力の基礎となる音楽教育を促進したい。
  3. 学生指導の徹底
    学修成果の向上につながる学生個々の指導を徹底したい。
2) 中・長期的な目標
  1. 大学教員としての振り返り
    40数年間の大学教員としての振り返りをし、今後の保育者養成へとつなげる総括を行いたい。
  2. 授業担当科目「特別研究」の集大成
    平成16年度から取り組んでいる実践研究の集大成をしたい。これまでの卒業生のネッ トワークを活用して履修学生とのコラボレーションによる活動および発表会の実現を図りたい。
最終更新:令和2(2020)年6月30日

Facebook twitter



fixedImage
ページトップ