鳥取短期大学

教授 渡邊 太

1.教育に対する責任

私は本学において、文化に関する科目を主に担当している。社会学の立場から、文化の多様性と市民社会の理念についての理解を深め、異なる文化的背景をもつ他者を尊重し、多文化共生の態度を養う教育に取り組んでいる。

学校法人藤田学院ホームページ「教員紹介2021」

2.教育の理念

私は、本学の教育活動において、以下の3点を重視している。

1) 人権を尊重し、寛容な市民社会を構築する一員としての自覚を促すこと
2) 多文化共生の視点をもって地域社会に貢献する態度を育むこと
3) 学ぶことの面白さを実感し、生涯学び続ける姿勢を身につけること

3.教育の方法

上述の教育理念を達成するため、例えば「多文化共生論」(2年次、必修科目)では、次のような授業を実践している。
「多文化共生論」では、授業の到達目標として、①文化の多様性を理解した上で異文化を尊重し、差異を楽しむことができる、②多文化共生の理念を身につけ、その実現のために行動できる、③多文化共生の課題について自分なりに考え、主体的に取り組むことができる、以上の3点を掲げる。
授業の前半では、言語、食事、身体など複数のテーマから文化の多様性を学ぶとともに、偏見やステレオタイプ、国民国家の形成過程等について理論的に学び、自文化中心主義を相対化する視点を養う。授業の後半では、ヘイトスピーチ問題とマイノリティに対する差別問題をあつかい、人権の尊重、市民社会の理念、多文化共生の必要性について学ぶ。
各回のテーマは多岐にわたるが、いずれにせよ多様な文化を学ぶ楽しさと、切実な問題を考える切実さのバランスを取るよう、心掛けている。
また、社会的なテーマに対する学生の関心を喚起するために、アクチュアルな時事問題を積極的に取り上げ、ニュース映像等の映像資料を効果的に活用している。毎回、授業終了の際にコメントシートを配布し、授業内容に関する質問や関連して考えた事柄についての記述を指示し、回収している。質問や優れた視点を示すコメントについては、次回の授業時に応答・紹介している。
事前学修を促すことを目的として、毎回、次回の授業テーマに関連するテキストを配布し、予習として読んだ上で授業に臨むよう指示している。
授業のまとめに際して、学修成果の獲得状況を把握するために、都市生活の中でカジュアルなヘイトスピーチに遭遇した体験に基づく小説家・温又柔氏のエッセイを題材として、①テキストを読んで感じたこと・考えたこと、②この場面に自分が遭遇したら、どうするかを考える課題を実施した(【ワークシート】)。回収した文章を読むと受講生ひとりひとりが多文化共生の課題を他人事としてではなく、自分自身と関連付けて考えていることがわかる充実した内容だった。

鳥取短期大学ポータルサイト「シラバス検索」

4.学生による授業評価

2019年度の授業評価アンケート結果をみると、「多文化共生論」(回答者34名)では、「私は総合的に授業に満足した」という項目に対して、「あてはまる」70.6%、「ややあてはまる」29.4%であり、すべての受講生が肯定的に回答していることから、総合的な授業の満足度は高かったことがわかる。「毎回の授業で学習の目的や目標がはっきりと示されていた」という項目に対して、「あてはまる」79.4%、「ややあてはまる」20.6%であり、すべての受講生が肯定的に回答していることから、毎回の授業の意図は明瞭に伝わっていた様子が窺える。
他方で、「私はシラバスに掲載された「到達目標」を達成することができた」という項目に対しては、「あてはまる」58.8%、「ややあてはまる」35.3%、「あまりあてはまらない」5.9%、「あてはまらない」0.0%だった。実数にして2名だが、一部の受講生が授業の到達目標に達していないと自己評価した点については授業改善の検討が必要である。また、「私はシラバスの「授業時間外の学習」の内容を元に、予習、復習などに積極的に取り組んだ」という項目に対して、「あてはまる」23.5%、「ややあてはまる」58.8%、「あまりあてはまらない」17.7%、「あてはまらない」0.0%だった。肯定的な回答を合わせると全体の8割を超えるものの、否定的な回答が2割弱を占める点については、授業改善の検討が必要である。

5.教育改善への取り組み

授業見学をはじめとするFD活動には積極的に取り組んでいる。
フィールドワーク教育については、第91回日本社会学会大会(2018年、於甲南大学)でポスター発表【社会学を専門としない学科でのフィールドワーク教育の効用】(大阪医科大学・栃澤健史との共同報告)をおこない、フィールドワーク教育の質的向上をめぐって議論し、知見を深めた。
2019年度から、国際文化交流学科の専門基礎科目「スタディスキル」テキスト開発を目的とする学科共同研究を開始し、月一回程度、研究会を開催して、教育効果を高めるべく議論を重ねている。

6.今後の目標

1) 短期的な目標
  1. 市民社会の理念を丁寧に伝える
  2. 人権を尊重し、差別を許さない態度を育成する
  3. 地域文化に対する関心を高め、地域への愛着を高める
2) 中・長期的な目標
  1. 教育活動を通じた地域社会のシチズンシップの向上
  2. 豊かな感性を育み、人間的成長を促す教育の実現
  3. 地域文化への愛着を通じた郷土アイデンティティの構築
最終更新:令和2(2020)年6月30日

Facebook twitter



fixedImage
ページトップ