鳥取短期大学

学長・教授 松本 典子

1.教育に対する責任

私は本学において、幼児教育保育学科の専門教育科目のうち、幼稚園教諭免許および保育士資格にかかわる体育分野関連の科目を担当し、幼児期の運動理論および実技を中心に指導している。

学校法人藤田学院ホームページ「教員紹介2021」

2.教育の理念

私は、本学の教育活動において、以下の3点を重視している。

1) 他と協力して課題を克服しようとする態度の醸成
2) 幼児期の運動内容を工夫・創造する力の育成
3) 運動指導に必要な示範技術と伝える力の向上

3.教育の方法

上述の教育理念を達成するため、次のような授業を行っている。
1年次前期「体育Ⅰ」では、幼児期の運動内容と展開方法を、主に実技を通して体験し習得させている。本科目では授業の大半を班(学籍番号順、7名程度)によって活動し、一部には共同での練習が必要となる運動課題を設定している。
本課題では、互いに教えあいながら繰り返し練習することや苦手なことから逃げず謙虚に努力することの必要性を学び取らせ、あわせて課題の達成により自身の資質に自信をもてるよう指導している。また、毎時の体験した運動内容や留意事項を記録する「実技ノート」の作成を課し、評価に加えている(実技試験80%、実技ノート20%)。運動指導には実技能力だけでなく創意・工夫できる力や表現力が必要であること、そのために授業において実技のやりっぱなしではなく、学んだ事柄やアイデアを蓄積していく習慣が役立つことを伝えている。
1年次後期「子どもの運動指導法」では、講義に加えて模擬指導演習(クラスを2分割し1時間4チーム模擬指導×3時間)を組み入れ、運動展開についてより具体的に学べるようにしている。
模擬指導演習は、個人によって異なる課題にそった指導計画案を作成し、同じ課題が割り当てられた4名程度がチームとなって、作成した指導計画案にそって模擬指導を行うもの(1名指導者、1名補助、2名記録)。演習終了時には模擬指導に対しての意見交換を行い授業担当者から講評も行っている。記録係がその内容を一定の様式にまとめ、授業担当者がチェック(必要な場合は追記)をして全チーム分を配布している【模擬指導演習の記録:一部抜粋】。指導法に関する技術的な事柄だけでなく、事前準備やチームの協力体制の必要性に気づかせるよう配慮している。

鳥取短期大学ポータルサイト「シラバス検索」

4.学生による授業評価

2019年度の前期「体育Ⅰ」の授業評価アンケートにおいては、a「興味をもった」、e「教員の説明や指示が明瞭」、g「授業に集中できるよう配慮」、h「学習の目的や目標がはっきり示されている」、j「進み具合は適当」、k「シラバスからずれていない」といった項目は60%以上が4「あてはまる」であり、その他の項目も3「ややあてはまる」をあわせると90%以上となっており、あまり問題は感じられない。しかしながらb「予習・復習の取り組み」だけが4と3をあわせても72%となっていて、他項目より明らかに評価の低いことが認められた。後期「子どもの運動指導法」も同様の結果であり、また演習科目全体においても認められる傾向であることがわかった。
これらの結果は、学生たちが予復習に力を入れていないことを端的に示している。授業理解を深める予復習の意味を認識させ、意識して取り組めるよう指導する必要性があらためて感じられた。その意味でも、今年度のシラバスより事前事後学修が具体的に示されるようになっており、その効果や変化を検証していく必要がある。「体育Ⅰ」は実技ノート作成が予復習のほとんどであるため、成果をみていきたい。

5.教育改善への取り組み

学内で開催されるFD研修をはじめFD・SD合同研修やSD研修にも欠かさず参加するとともに、学外でのFDに関する研修にも参加して教育改善に向けたヒントを得るよう努めている。
授業においては、前述の「実技ノート」や後期の「指導計画案」の出来栄えが、授業への取り組み意欲や授業の成果を判断する1つの指標になると考えている。そして、これらは個々の学生に担当者の意図を直接的に伝えられるものでもあるため、丁寧に点検し添削して返却することを心がけている。後期の指導計画案の添削と模擬指導演習の実施にあたっては、2名の授業担当者(1名は模擬指導演習時のみ担当)で手分けして行うため、事前に十分な意見交換と打合わせを行うようにしている。

6.今後の目標

1) 短期的な目標
  1. 学生の運動体験の拡大と示範技術の向上、理論の学修により、学外実習において運動活動に積極的に取り組めるようにさせる
  2. 他領域とも連携した模擬指導演習の充実により、学生の保育的視点を深化させる
2) 中・長期的な目標
  1. 豊かな体験による「やればできる」自信の獲得
    あらゆる面で経験不足による自信のなさが感じられる学生が多い。授業をはじめ学生生活全体を通してリーダーやまとめ役、人前でのプレゼンテーションや発表などの機会を設け、意欲的、積極的に取り組むことにより、やればできる自身の力に気づかせたい。
最終更新:令和2(2020)年6月25日

Facebook twitter



fixedImage
ページトップ