鳥取短期大学

北東アジア文化研究紀要詳細 第28号

『北東アジア文化研究』はグローカルセンター及び図書館本学関係資料コーナーに常設しております。館外への持ち出しは出来ませんので、研究所または図書館内にてご利用下さい。


第28号 2008年 11月28日刊行    研究一覧へ

タイトル 外務省『竹島』批判
Criticisms of the Ministry of Foreign Affairs "Takeshima"
著作者 内 藤 正 中
NAITO Seichu
(元鳥取短期大学北東アジア文化総合研究所所長・島根大学名誉教授)
ページ 1−31
キーワード 領土紛争(territory disputes)、竹島=独島(Takeshima Island)、日朝関係史(history of Japan-Korea relations)
目次

はじめに
Point1.日本は古くから竹島の存在を認識していました。
Point2.韓国は古くから竹島を認識していたという根拠はありません。
Point3.日本は、鬱陵島に渡る船がかり及び漁採地として竹島を利用し、
遅くとも17世紀半ばには、竹島の領有権を確立しました。
Point4.日本は17世紀末、鬱陵島への渡航を禁止しましたが、竹島への渡航は
禁止しませんでした。
Point5.韓国が自国の主張の根拠として用いている安龍福の供述には、多くの
疑問点があります。
Point6.日本政府は、1905年竹島を島根県に編入して、竹島を領有する意思を
再確認しました。
Point7.サンフランシスコ平和条約起草過程で、韓国は、日本が放棄すべき
領土に竹島を含めるよう要請しましたが、米国は竹島が日本の管轄
下にあるとして拒否しました。
Point8.竹島は1952年、在日米軍の爆撃訓練地域として指定されており、日本
の領土として扱われたことは明らかです。
Point9.韓国は竹島を不法占拠しており、我が国としては厳重に抗議して
います。
Point10.日本は竹島の領有権に関する問題を国際司法裁判所に付託すること
を提案していますが、韓国がそれを拒否しています。
おわりに


タイトル 明治政府の竹島=独島認識
The Meiji-Government's Recognition of Takeshima=Dokdo
著作者 朴   炳 渉
PARK Byoung-sup
(竹島=独島問題研究ネット・代表)
ページ 33−49
キーワード 領土紛争(territory dispute)、松島(Matsushima)、竹島=独島(Takeshima=Dokdo)
目次

1 はじめに
2 官撰地誌における竹島・松島
3 『磯竹島覚書』と「竹島一件」
4 太政官の竹島外一島版図外指令
5 官撰地図等における竹島・松島
(1)日本の官撰地図
(2)日本の官製地図
6 外務省の竹島・松島認識
7 海軍省の竹島・松島認識
8 竹島=独島の編入
9 まとめ


タイトル 米国の農産物貿易構造と輸出戦略—2000年代の動向を中心に—
Agricultural Trade Structure and Export Strategy in the United States
著作者 藤 本 晴 久
FUJIMOTO Haruhisa
(鳥取短期大学生活学科情報・経営専攻)
ページ 51−67
キーワード 農産物貿易(agricultural trade)、輸出戦略(export strategy)、自由貿易協定(Free Trade Agreement)
目次

1 はじめに
2 現代アメリカの農産物貿易の動向
(1)輸出入額全体の推移
(2)品目別輸出入額の推移
(3)国別・地域別輸出入額の推移
1)NAFTA(カナダ、メキシコ)とラテンアメリカ
2)EU
3)東アジア
4)東南アジア(ASEAN諸国)とオセアニア
3 現代アメリカの農産物貿易構造の特質
(1)NAFTAと東アジア
(2)「自由貿易」と「アメリカの利益」
4 現代アメリカの農産物輸出戦略
(1)戦略的重点地域としてのアジア
(2)加速するFTA交渉
5 おわりに


タイトル 研究ノート
チベット自治区の歴史と帰属問題について
History of the Tibetan Autonomous Region and the Dominion Issue with China
著作者 周   建 中
ZHOU Jian-zhong
(東京成徳大学人文学部教授・元鳥取短期大学北東アジア文化総合研究所研究員)
ページ 69−87
キーワード 地理(geography)、歴史(history)、帰属問題(dominion issue)
目次

1 はじめに
2 地理概要
3 歴史沿革と帰属問題について
(1)歴史、文化の沿革
(2)歴史上の帰属関係
1)元朝時代
2)明朝時代
3)清朝時代
4)中華民国時代
5)中華人民共和国時代
(3)「チベット問題」の由来と国際背景
1)イギリスの侵略
2)アメリカの分裂活動支援
4 結語


タイトル 資料
鳥取県民話サークル連合会の歩み
History of the Alliance Society of Tottori Prefecture Folktale Circles
著作者 酒 井 董 美
SAKAI Tadayoshi
(出雲かんべの里館長・元鳥取短期大学教授)
ページ 89−105
キーワード 昔話(folktales)、出前(invitational folktale recitals)、交流(interaction between groups)
目次

1 はじめに
2 前史
3 個別グループ結成の事情
4 鳥取県民話サークル連合会結成の動き
5 第1回 鳥取県民話サークル連合会総会
6 結成による活動の内容
7 終わりに


巻末 『北東アジア文化研究』投稿・執筆要領

Facebook twitter



fixedImage
ページトップ