鳥取短期大学

研究紀要 69号

本学研究紀要は図書館本学関係資料コーナーに常設しております。
館外への持ち出しは出来ませんので、図書館内にてご利用下さい。

第69号 2014年6月1日刊行    紀要一覧へ
タイトル 「用具などを操作する動き」の意義
Significance of Movements with the Use of Instruments for Preschool Children
著作者 松本 典子
Noriko MATSUMOTO
ページ 1-8
概要  幼児期の多様な動きの獲得と生き生きとした主体的な活動の展開という視点から,幼児の運動活動への用具活用の利点,および操作性の動きにより養われる感覚,さらには豊かな運動体験へ高めるための条件について具体的に検討した.また,それぞれの用具の象徴的な動きから生み出されるリズムの意味について,試論を提示した.
キーワード

幼児 用具 操作性の動き 運動感覚 運動リズム

タイトル A Theoretical Evaluation of English Communication Objectives Set for Japanese Senior High School Students
日本の高校生に設定した英語コミュニケーションの目標に対する理論的評価
著作者 Raymond LEVY
レイモンド レヴィ
ページ 9-16
概要  National education is continually revising and updating curriculums for English education across all academic levels, often with ideological objectives that do not adequately reflect the current pragmatic and social situations facings students. Senior high school courses in particular combine objectives and plans of execution that are not always compatible. This paper reviews course objectives from a theoretical standpoint and offers suggestions to interweave theory with practical application methods to ensure senior high school students improve their fluency with understanding and productively using English.
キーワード

senior high school, curriculum, instruction methods, motivation

タイトル 〈研究ノート〉
Readers’advisory serviceの成立過程と問題点
The Formation and the Problems of Readers’Advisory Service
著作者 長岡 絵里佳
Erika NAGAOKA
ページ 17-24
概要  アメリカの図書館界において,1980年代以降読書支援のサービスのあり方が改めて問い直されている.批判的な視点でサービスを検証したディレブコとマゴワンの議論を分析する手がかりとして,本稿ではまずサービスの成立時期を概観し,読書支援をめぐる重要な論点を整理した.
キーワード

図書館 読書支援 アメリカ

タイトル 〈研究ノート〉
「働く」を考える (2)
A Study on “Work”(2)
著作者 山田 修平
Shuhei YAMADA
ページ 25-30
概要  前稿で,日本人の「働く」意識を,歴史を振り返りながら欧米諸国,また主要なアジア諸国と対比して考察した.また日本的労働観がより明確に形成されたのは江戸時代の思想家・実践家達の神・仏・儒一体化となった「働く」にあると指摘した.本稿では,そうしたいわば日本的労働観を,少し別視点から,所属する集団との関係からとらえ直し,明治以降の社会的,経済的大変革の中でどのように変容していくのか,関連して一般に日本的労務管理,労使関係と称せられる仕組み,関係がどのように形成され,日本的労働観と絡み合っていくのかを考察する.
キーワード

日本的労働観 共同体集団 機能集団 上杉鷹山 蕃株式会社 企業一家

タイトル 〈研究ノート〉
ウェブデザイン教育の実践
—倉吉市教育委員会のホームページ診断を題材に—
A Practice of Web Design Education
—on the Topic of the Kurayoshi City Board of Education Web Site Diagnosis—
著作者 藤本 直子
Naoko FUJIMOTO
ページ 31-36
概要  鳥取短期大学生活学科情報・経営専攻では,ウェブデザイン教育をカリキュラムに取り入れている.平成24年度には,ウェブデザイン教育の一環として,学生による倉吉市教育委員会ホームページの診断を行った.このような実際に運用されているウェブサイトを題材とした実践的な取り組みの経験は,学生にとって有益であり,今後のカリキュラムに取り入れていきたいものであった.
キーワード

ウェブデザイン ウェブデザイン教育 ウェブサイト診断


Facebook twitter



fixedImage
ページトップ