トップページ > 大学からのお知らせ > 令和4年度 鳥取看護大学・鳥取短期大学公開講座が終了しました

令和4年度 鳥取看護大学・鳥取短期大学公開講座が終了しました

令和4年度 鳥取看護大学・鳥取短期大学公開講座が終了しました
    「ポストコロナ時代の新しい生活様式でいきいきと~かわるもの、かわらないもの~」と題して、倉吉交流プラザ視聴覚ホールを会場に、令和4年6月24日(金)から9月2日(金)まで5回にわたって開講した公開講座が終了しました。今年度は、のべ275名のみなさんが受講されました。

    ■第1回
    6月24日(金)、倉吉市教育委員会 種子真一事務局長による開講式の挨拶に続き、鳥取短期大学 国際文化交流学科 板倉一枝准教授が「変わりゆく私たちの暮らし」をテーマに講演を行い、76名が受講しました。
    △開講式に続いて、第1回の講座では、生活の豊かさの変遷などをお話ししました
    △開講式に続いて、第1回の講座では、生活の豊かさの変遷などをお話ししました
    ■第2回
    7月8日(金)、鳥取短期大学 生活学科住居・デザイン専攻 石田有作准教授が「地域で育てる・これからの地域交流と子育て環境について」と題した講演を行い、42名が受講しました。
    △第2回の講座は、子育て環境と建物の関係性などについてお話ししました
    △第2回の講座は、子育て環境と建物の関係性などについてお話ししました
    ■第3回
    新型コロナウイルス感染拡大を受けて日程を変更しましたが、8月25日(木)、鳥取短期大学 生活学科情報・経営専攻 道前 緑教授が「気をつけよう、ネット上の情報収集と発信」と題した講演を行い、49名が受講しました。
    △第3回の講座では、情報の収集・発信の基本、法律などについてお話ししました
    △第3回の講座では、情報の収集・発信の基本、法律などについてお話ししました
    ■第4回
    8月19日(金)、鳥取看護大学 看護学部看護学科 内海知子教授が「いま改めて自分の健康を考えよう」と題した講演を行い、61名が受講しました。
    △第4回の講座では、パルスオキシメーターを使用し、実際に測定もしてみました
    △第4回の講座では、パルスオキシメーターを使用し、実際に測定もしてみました
    ■第5回
    9月2日(金)の講座では、「次世代の子どもたちに歌い継ぐうた」と題して、鳥取短期大学 幼児教育保育学科 羽根田真弓教授が講演し、47名が受講しました。また、鳥取短期大学 松本典子学長が閉講式の挨拶を行い、今年度の講座を締めくくりました。
    △第5回の講座は、歌あり、手遊びあり、ピアノあり、音楽ありと盛りだくさんの内容でした
    △第5回の講座は、歌あり、手遊びあり、ピアノあり、音楽ありと盛りだくさんの内容でした
    コロナ禍にも関わらず、今年度も多くの方に受講いただき、感謝申し上げます。
    鳥取看護大学・鳥取短期大学では、地域のみなさまにより良い学びを提供すべく、来年度に向け講座内容を検討中です。来年度も多くの方のご参加をお待ちしております。

    Facebook twitter


    fixedImage
    ページトップ